日記

毎日なまら楽しい 20240627

ナバブロと申します。

木曜日の昼すぎ。今日も素晴らしい一日。

毎日なまら楽しい

木曜日の昼過ぎ

なーかなかにこうして文章を書けない時期というは、

あるもんで。

時間的な制約もあれば、

精神的な制約(?)のようなものも(←ただの言い訳…)ありで…

「社会復帰」っていうことがどういうことなのか、

考えたりもする日々ではありますが、

まぁ今の自分の状況で真正面から考えて行く必要がある時期かなと考えている。

ライブもあるし、

夏や秋のイベントや企画の準備もあるし、

もちろん日常のタスクというものもあるし。

一言でいうと「毎日なまら楽しい」

だって全部自分で決めてやってることだからね。

木曜日の昼過ぎ

毎日なまら楽しい

「毎日なまら楽しい」ってことを、

割と真面目なテンションで話しするだけで、

他者との熱感の違いが露呈することって結構ある。

そこで少し居づらいような感覚、空気感になることも、

ないわけではない。

それでも「毎日なまら楽しい」ってことは、

わたしの正直な気持ちではあるし、

そこはブレずに行こうとは考えている。

おもしろいもので、

このあたりが「日常」と呼べるようになれば、

自然と周囲にもそういう人間が集まってくる。

(自然とそういう人間と一緒に過ごすことを、

選択しているとういうことになるかな)

またこれがおもしろくて、

外に出かけるたびに新しい刺激を受けるという、

ループに入っていく。

空気感が変わる

正直なところ

おもしろいインプットが多すぎて、

アウトプットが追いついていないともいえるのだけれど、

それはそれでまたいいのかなと思っていたりもする。

消化不良となっていることや、

言語化できない部分がたくさん残っているとしても

わたしが新しい世界を見ている時間が長くなればなるほど、

わたし自身が意識をしていない時間や範囲でも

「空気感が変わる」ってことが実際にはおきているようだ。

これをおもしろがってくれる人も多いし、

相手に指摘をされて初めて自分の変化や成長に気付く瞬間が、

増えてきたりもする。

どんな環境に身を置くことを自ら選択するのか

だからまずは

「どんな環境に身を置くことを自ら選択するのか」

ってことが大切。

その後は全自動とは言わないまでも、

半自動くらいの感覚。

いい意味で自分に適度なプレッシャーを与え続けるってことが、

少し先の自分の人生を想像した時に、

重要だということも身にしみてわかる。

実際に今、わたしが手にしている環境や、

周囲の人の人からの日々の支えがあることの、

ありがたみも実感としてわかってくる。

ほんとに、

みなさんいつもありがとうございます。

現場からは以上です。

読んでいただきありがとうございます。

ピース。

世界平和。

ではまた。

-日記

© 2024 This is BLOG.